大腸がんの転移を恐れない~これからのがん治療への期待~

医者

大腸のがん

女性

大腸とは

大腸は食物が胃や小腸などで消化吸収され、その残りの水分を吸収して大便にする役割があります。大腸の内部には、大腸菌を始め100種類をこえる腸内細菌が存在するといわれています。大腸は腸内の細菌を多量に排泄する役割もあり、細菌に対しての防御する機能としても重要です。大腸のしくみは、盲腸、結腸、直腸と大きく三つに分かれています。盲腸は、人間の小指の大きさほどの虫垂といわれる袋がありますが、盲腸は退化した器官なので、特に大腸として特に役割はなくはたらきはしていないといわれています。結腸では、水分を吸収し、便を作り、ナトリウムを吸収します。その他にも小腸で消化できずに残ったタンパク質、炭水化物などを分解、吸収し、便を直腸に送り出します。直腸では、便を一時的に溜め込み、便が溜まると排泄する役割があります。

大腸のがんができた場合

大腸がんとは、大腸内にできるがんのことであり、日本人はS状結腸や直腸に大腸がんができやすい傾向があるといわれています。大腸がんは、良性のポリープの一部ががんになってしまうものと、正常な粘膜の部分から直接大腸がんになってしまうものがあります。症状としては、初期段階では自覚症状はほとんどありません。ですが、がんが進行してくると、血便や下血、下痢や便秘などの症状や、その他にも腹痛や貧血、おなかの張りなどが症状としてあらわれる場合があります。がんは早期発見が重要です。痔などでも血便などの症状がでる場合もありますが、体に違和感などを感じた場合には、なるべく早めに消化器科や胃腸科、肛門科などで診察を受けることが大切です。

早期治療で完治できる

先生

大腸がんは日本国内がん死亡率の中で上位の病気です。早期発見で完治する病気ではありますが、自覚症状が出てからの発見であると転移している可能性が高いです。良性のポリープでもがん細胞に変化するケースがあるので、早期治療する事をおすすめします。

Read More...

ちょっとしたことに気づく

スーツ

自覚症状が少なく気づきにくい悪性リンパ腫ですが、リンパ節がはれるなどちょっとした症状は出ていますので、長く続いているのであれば病院で診てもらうとよいです。治療手段としては放射線などが使われますが、経過観察ということになることもあり得ますが、治療は続けなければいけません。

Read More...

がんが怖いのは遠隔転移

女の人

がんという病気が怖いのは転移があるからです。ある臓器で発生したがん細胞をやっつけることはできますが、血液やリンパ液に乗って全身に拡散されてしまう転移がんが怖いのです。そのため手術後には抗がん剤治療が行われますが、副作用のない免疫療法も併行して行う病院が増えています。

Read More...