大腸がんの転移を恐れない~これからのがん治療への期待~

医者

早期治療で完治できる

先生

がん死亡率

大腸がんは日本の女性のがん死亡率1位です。男性では3位になっております。大腸がんは結腸と直腸の内側に発生します。早期発見による完治が可能な病気です。大腸がんにかかりやすい人は60歳以上の高齢者に多いです。加工肉や赤身肉を多く食べたりする等の脂肪の摂取量が高く、食物繊維の摂取が少ない人に発症しやすいようです。他にもがんになった方が家族にいたり、肥満や過体重の方にも発症しやすいそうです。過度の飲酒や喫煙も原因の一つと言われております。大腸がんは大腸に出来るポリープのうちの10%と言われております。良性のポリープでも放置して治療を行わないでいるとがんに変化したケースがあります。良性でも早めに治療する方が良いそうです。

病気の増加傾向

大腸がんは高齢化によって増加する傾向があります。ここ30年間で患者数は6倍になっているそうです。近年国内の食生活にも大きく関係していると言われております。早期に発見できれば完治する病気ではありますが、自覚症状が出てからですと転移の疑いがあり、完治するのが難しくなってきてしまうそうです。大腸がんの治療法は色々とあり、手術から抗がん剤治療、放射線治療などがあります。近年では免疫細胞療法と呼ばれる新しい治療法も注目されております。免疫細胞療法は患者の細胞を活性化させ、がん細胞を無くしていく治療法です。免疫細胞療法の研究が進むことで今後の治療成績が向上し、多くの方ががん治療の新しい形になっていくと期待しているそうです。