大腸がんの転移を恐れない~これからのがん治療への期待~

医者

ちょっとしたことに気づく

スーツ

症状が分かりにくい

悪性リンパ腫は、すぐにわかりやすい症状をだすものではありません。仮に発症しても、リンパ節がはれるまたは発熱するだけなど他の病気と間違われてしまいがちです。また、初期段階であれば痛みなどがなく自覚しにくいものになっています。悪性リンパ腫かどうか判断する基準として、長い間リンパ節がはれ続けていないか確認してみるとよいです。病院に行けば、様々な検査を受けることもできますので、気になったら一度医師に相談してみることです。症状が分かりにくいので、進行してからでないと気付かれないことも多いです。リンパ節がはれる以外気付く手段としては、体重が減ってしまったり倦怠感が出ていることもあり得ます。体調が悪い状態が続いているならば、軽いものだと考えずに早めに対応すれば問題ありません。

適切な治療を受けること

治療手段は増えており、また悪性リンパ腫はきちんと治療を受ければ治りやすいものです。手術が行われることはほぼなく、主に放射線や薬を使った治療が多いです。悪性リンパ腫だと診断されても、入院するとは限りません。そのまま放置していれば悪化してしまう可能性が高いですが、医師によっては様子を見て治療手段を決めることもあります。高額な治療費が必要になることは少ないといえます。現在でも、悪性リンパ腫は種類によって治療方法が変わります。経過観察と言われたとしても、病院に行かなくていいわけではありません。症状がゆっくり進行するものがあれば、早く進行するものもありますので医師に診てもらうことはこれからも必要です。治りやすいとはいえ、悪性リンパ腫には気をつけなければいけません。調子が悪い日が続くならば、検査を受けるなどしてはっきりさせておくことです。